★原因疾患がないことを確認、生食投与で対応する。

■疫学、病態

・透析で収縮期血圧20mmHg以上低下し、症状出現したもの
・非常によくあることで、透析患者の75%が経験するともいわれる

●基本的な原因:透析自体によるもの
除水過多;早すぎ、多すぎ
 =血液減少に対する、間質からの水の移動が少ない、ということ
 …Dry Weightが低すぎる、体重増加が大きいとリスク
自律神経障害
 =交感神経↑という代償機構が弱い、ということ
 …特に糖尿病患者
心臓予備能の低下

増悪因子:透析中か直前の食事摂取、降圧薬内服
 …食事後20-120分後に末梢血管抵抗が下がると言われる

●注意すべき原因疾患
敗血症
心臓病:不整脈、心臓タンポナーデ、弁膜症、心筋梗塞
・溶血、出血
・空気塞栓
・透析膜への生理反応


■対応
限外濾過量を少なくする、又は0にする
輸液
基本は生理食塩水250-500mlボーラス投与。20%グルコースがより効果的との報告もあり
酸素投与
④(下肢拳上)
原因検索
輸液に反応しない、随伴症状あり(発熱、腹痛、胸痛、呼吸困難)の場合、重篤な原因疾患がある可能性高い


■予防
Dry Weightを再確認する
透析液の組成を確認する
 ⇒Ca≧2.25mmol/l, Mg≧1mmol/l, 重炭酸を使っている(酢酸を使っていない)
透析前、中の食事摂取をやめる
透析前の降圧薬内服を中止する
 (もしくは、普段の降圧薬内服を夜にする)
⑤普段のナトリウム摂取量を減らす
 …1-2g/日程度とする
⑥EPO製剤を用いて貧血を是正する

●これでダメな場合、
⇒透析液を低温とする、透析時間を長くする

●それでもダメな場合、
ミドドリン(メトリジン;α刺激薬)内服とする
⇒透析回数を増やす


参照 UpToDate