★非心臓手術を控えていて、心疾患がある場合。

■冠動脈狭窄+心筋虚血

●一般的に、術前の冠動脈治療により予後は変わらない
 ⇒但し、重要な冠動脈病変がある場合、個々に対応する
  …LMT病変、低心機能の多枝病変など
・METs<4(アルゴリズムに従う)
+非侵襲的検査で大きな虚血が疑われる場合
手術を数ヶ月延期する事が出来る場合
⇒冠動脈造影をやってもよい
⇒治療適応の冠動脈病変があった場合
 ・治療により生命予後改善する場合、手術前に治療することを検討
  …LMT病変は先行治療すると良いかも、というデータもある
 ・治療により予後変わらない場合、手術を先行させる
※治療するにしても、CABGかPCI(DAPT必要)かを考えること


■AS

・重症じゃなくても、術後の予後は悪い
AVR適応の場合
severe ASで有症候性 or 心機能低下している場合
⇒控えている手術を遅らせ、ASの治療を優先する
 …AVR or TAVI;BAVは予後改善させるデータが少なく、勧められない

無症候性AS+冠動脈病変ある場合
⇒心臓治療を優先させた方が良いかも(個々に対応)

無症候性ASで冠動脈病変なし
周術期に血行動態を慎重にモニターすれば、手術可能
 …術前半日〜1日、術後1日〜2日
⇒具体的には、
 ・volume管理;特にhypovolemiaを回避する(虚血になりやすいため)
  ⇒特に麻酔導入の際に注意
 ・洞調律を維持し、心拍数を適正化する;左室を充満させる


■心不全

●急性心不全
⇒心不全治療を優先し、落ち着いてから手術とする

ルーチンにエコーで心機能を評価する必要ない
 …EF<40だと予後悪いが、心エコーは管理に影響しない
 ⇒原因不明の息切れ、慢性心不全患者の症状増悪時のみエコーの適応

現行の心不全治療薬は継続した方が良い
手術前より新たに何かを始めた方が良い、とのエビデンスはない
(特に、β遮断薬をルーチンで始めるのは良くない)


参照 UpToDate