★薬剤でのrate controlは難しいため、DCやって良いが、塞栓症に気をつける。

■rate controlの適応

①有症候性の場合
②AFLを繰り返している人で、アブレーションが予定されていない場合
③持続性AFLでアブレーションが予定されてない場合(頻脈誘発性心筋症予防のため)
④Afアブレーション後のAFL


■rate controlの方法
●目標(参考)

・有症候性:80bpm未満、無症候性:110bpm未満

●薬剤

①Ca拮抗薬:房室結節の不応期↑、伝導速度↓より、心室への刺激回数↓
・ジルチアゼム(ヘルベッサー)
 …20mg/2min div、効かなければ15分後に25mg/2min div
 ⇒効けば10-15mg/hで持続投与
・ベラパミル(ワソラン)
 …5-10mg/3min div、効かなければ15-30分毎に繰り返す
 ⇒効けば7.5mg/hで持続投与
※投与禁忌
⇒心不全(NYHA3 or 4)、洞不全、2-3度房室ブロック、低血圧、副伝導路あり
 (WPW症候群など、副伝導路があると、AV nodeブロックによりrate↑)

②β遮断薬
・ランジオロール(オノアクト)
=超短時間作用型β blocker(エスモロールも)
 …使い方:参照 持続注射薬の使い方

③アミオダロン:房室結節不応期↑、洞調律化も期待できる
⇒血行動態が悪く、Ca拮抗薬やβ遮断薬が使いにくい患者に使っても良いかも
※ただ、基本的には血行動態が悪ければDCかけたい


●電気的除細動の適応

 …第一選択でもよい
・薬剤でのrate controlが難しい場合(けっこう多い)
・血行動態が不安定な場合
・副伝導路ある場合

※Afより頻度は少ないが、AFLも洞調律化時に脳梗塞のリスクはあるとされる
 +また、AFL患者はAfを合併していることも多い
抗凝固療法の適応はAfと同じで良い
 (CHADS2 scoreなど参照)


●アブレーション

・有症候性、又は繰り返す心房粗動なら適応


参照 UpToDate, Braunwald