★microvascularの異常か。

■特徴

閉経後女性に多く、多くの場合ストレスが引き金となる
・多くは左室中部〜心尖部の壁運動低下が生じる
 …1つの血管支配領域で説明できない


■機序(仮説)

・身体的、精神的ストレス
カテコラミン誘発性の微小血管攣縮/障害
 …微小血管とは、CAGで写らない心筋内の血管
 ⇒心筋気絶
カテコラミンによる直接の心毒性
β刺激薬やカテコラミン増量が引き金となり発症することもある
●最近の研究
・微小血管がやられやすい遺伝的素因があり、血圧上昇が引き金となって発症する
 (マウスでたこつぼのモデルが出来たとのこと)


■診断
●Mayo Clinic診断基準(4つを全て満たす)

①一過性の壁運動異常
 …apical (81.7%), mid-ventricular (14.6%), basal (2.2%), focal (1.5%), global (rare)
②アンギオ上冠動脈病変やplaque ruptureの痕なし
 ⇒あっても、壁運動異常の支配領域と齟齬があればOK
③新規の心電図変化(ST上昇 or T陰転化)又はトロポニン上昇
④褐色細胞腫、心筋炎なし


参照 UpToDate, BRAUNWALD, AHA2015