★1-3類は重症度の区別、4類は人人感染しないもの、5類はその他でモニターしておきたいもの。

●1類

・極めて危険。入院、消毒、交通規制等が必要
エボラ出血熱、クリミア・コンゴ出血熱、痘そう、南米出血熱、ペスト、マールブルグ病、ラッサ熱 

●2類
・危険。入院、消毒が必要
急性灰白髄炎、結核、ジフテリア、重症急性呼吸器症候群(SARS)、鳥インフルエンザ(インフルエンザAウイルスかつ血清亜型がH5N1

●3類
・そこまで危険でないが、特定の職業で集団発生を起こし得る就労制限、消毒が必要 
コレラ、細菌性赤痢、腸管出血性大腸菌感染症、腸チフス、パラチフス 

●4類
動物や飲食物を介して感染しうる消毒(動物への処置も含む)が必要
E型肝炎、ウエストナイル熱、A型肝炎、エキノコックス症、黄熱、オウム病、オムスク出血熱、回帰熱、キャサヌル森林病、Q熱、狂犬病、コクシジオイデス症、サル痘、腎症候性出血熱、西部ウマ脳炎、ダニ媒介脳炎、炭疽、チクングニア熱、つつが虫病、デング熱、東部ウマ脳炎、鳥インフルエンザ(H5N1を除く)、ニパウイルス感染症、日本紅斑熱、日本脳炎、ハンタウイルス肺症候群、Bウイルス病、鼻疽、ブルセラ病、ベネズエラウマ脳炎、ヘンドラウイルス感染症、発しんチフス、ボツリヌス症、マラリア、野兎病、ライム病、リッサウイルス、リフトバレー熱、類鼻疽、レジオネラ症、レプトスピラ症、ロッキー山紅斑熱

●5類
発生、拡大を防ぐべきもの感染症発生動向調査が必要
全数把握疾患
アメーバ赤痢、ウイルス性肝炎(E型肝炎及びA型肝炎を除く)、急性脳炎(ウエストナイル脳炎、西部ウマ脳炎、ダニ媒介脳炎、東部ウマ脳炎、日本脳炎、ベネズエラウマ脳炎及びリフトバレー熱を除く)、クリプトスポリジウム症、クロイツフェルト・ヤコブ病、劇症型溶血性レンサ球菌感染症、後天性免疫不全症候群、ジアルジア症、侵襲性髄膜炎菌感染症、侵襲性インフルエンザ菌感染症、先天性風疹症候群、梅毒、破傷風、バンコマイシン耐性黄色ブドウ球菌感染症、バンコマイシン耐性腸球菌感染症、風疹、麻疹
・定点把握疾患(全国で特定の医療機関のみが届け出を行う)
RSウイルス感染症、咽頭結膜熱、A群溶血性レンサ球菌咽頭炎、感染性胃腸炎、水痘、手足口病、伝染性紅斑、突発性発しん、百日咳、ヘルパンギーナ、流行性耳下腺炎、インフルエンザ(鳥インフルエンザ及び新型インフルエンザ等感染症を除く)、急性出血性結膜炎、流行性角結膜炎、性器クラミジア感染症、性器ヘルペスウイルス感染症、尖圭コンジローマ、淋菌感染症、クラミジア肺炎(オウム病を除く)、細菌性髄膜炎(髄膜炎菌性髄膜炎はのぞく) 、ペニシリン耐性肺炎球菌感染症、マイコプラズマ肺炎、無菌性髄膜炎、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌感染症、薬剤耐性アシネトバクター感染症、薬剤耐性緑膿菌感染症

●新型インフルエンザ
・状況によるが、1類と同等の扱いも可能であり、別枠。

●指定感染症
・既知の感染症だが、1-3類と同等の扱いが必要になった場合。 

侵襲性髄膜炎菌感染症、麻疹以外の5類感染症のみ、7日以内の届け出、他はすぐに届け出。
⇒この理由は調べても分かりませんでした。


参照 厚生労働省HP