★生理的ミオクローヌスの一つで、ジャーキングと言われ、無害な現象。

◎寝ている時によくビクってなりますが、なんなのでしょう。


■生理的ミオクローヌス(ジャーキング)
●単純な睡眠関連行動の一つ。
・どの年齢でも生じうる、良性の現象。
睡眠不足や、カフェインなどのstimulant摂取と関連がある場合もある。
入眠時に認められる
・入眠時の異常感覚が伴う場合がある。
 …最も多いのは、落ちる感覚(夢の場合もある)。
 …最も激しい症状は、exploding head syndromeといい、頭が爆発する感覚。

●機序
皮質の一次感覚・運動野から局所興奮が伝播して生じる
 …これは、一次感覚野もしくは一次運動野による抑制が十分働かないことが原因
※詳細は不明。

●分類

①partial myoclonic jerks
 ⇒multifocalで、遠位筋に生じるもの。
②massive myoclonic jerks (hypnic jerks)
 ⇒体幹と近位筋に生じるもの。
③睡眠時周期性運動(夜間ミオクローヌス)
 ⇒つま先の背屈、ひざと臀部の屈曲を繰り返す。
 ・むずむず足症候群でも認められる運動。


参照 UpToDate