★キニン類が蓄積するため。

◎基本的な事ですが、意外に知られていないのでまとめました。

ミニUSB加湿器カー空気清浄機空気加湿器かわいい加湿器300ml

 ・ACE阻害薬の空咳は、加湿器は効きません。
 ▶︎体内のブラジキニンによる気管支刺激だからです。


■作用機序
①ACE阻害薬
・「Ang(アンジオテンシン)Ⅰ⇒AngⅡ」を阻害
⇒AngⅡ↓
AT1,AT2受容体の両方との結合↓

・「キニン→不活性物質」を阻害(ACEはキニナーゼとも呼ばれます)
キニン↑
⇒「キニン→ブラジキニン」(側副路)
ブラジキニン↑

②ARB
・AngⅡ受容体のうち,AT1受容体を阻害
⇒AngⅡ↑

AT2受容体は刺激されます!
⇒AngⅡ受容体
AT1受容体血管収縮、アルドステロン分泌→ 血圧上昇
間質細胞増殖、心筋細胞肥大→ 心肥大
AT2受容体血管拡張→ 血圧低下
間質細胞増殖抑制、心筋細胞肥大抑制→ 心肥大抑制


■ACE阻害薬の作用

1:低血圧
 RAS系の阻害によります。

2:腎機能低下
 腎動脈狭窄,高血圧性腎症,心不全,慢性腎不全,多嚢胞腎の場合
 ⇒流入血流量が少ないです
 ⇒AngⅡによる輸出細動脈収縮で濾過量維持しています
 ⇒AngⅡの反応↓で濾過量↓
 ⇒腎機能障害

※ACEが減ることで、でAngⅡは急に低下します
しかし、Creは2.3日で上昇です
⇒ACE阻害薬開始後3.5日で腎機能チェックすべき、ということです
⇒また、6~8週以内でCre・Kの上昇抑えられない場合,中止すべきです。
  
※ただ、両側腎動脈狭窄,血管内脱水がなければ,中止になることは稀です.
(そうでないとここまで広まっていません)


3:カリウム上昇
 RAAS系↓によるアルドステロン↓,又は腎機能障害によります。

4:空咳
 ブラジキニンが気管支のC繊維受容体を刺激、空咳を生じます

※ただ特定の患者にしか生じないため、遺伝要因の関与が考えられています。

5:血管性浮腫
 ブラジキニン↑,サブスタンスP↑,Des-Arg9-BK(ブラジキニンの代謝物)↑
 ⇒血管拡張,血管透過性↑による
 ⇒血管拡張
 

■ARBの副作用
1~3は同じ
4:空咳は生じにくいとされる(ブラジキニン増えないため)
 ⇒ただしゼロではないらしいです
 (経験したことはあまりないですが)
5:血管性浮腫
 機序は不明.キニン以外の物質が関与しているとされます。



・歴史的に、海外はACE阻害薬から使われてきてエビデンスがあるため、よく使われています。

・心筋梗塞後のリモデリング予防の際などではACE阻害薬のARBに対する優位性はありません。


参照 J Am Coll Cardiol. 2015 Mar 17;65(10):1029-41.