知識の卵

医学のWhy?を解決するブログです。What?も少し触れています。
著者は循環器内科医・疫学者です。

古い箇所など、是非、ご指摘お願い致します。

○参考書/聴診器紹介

★ほんと聞こえないものもあるので注意。UpDateしました。

◎聴診器はよく選んで買いましょう。聴診を楽しめないとだんだんやらなくなってしまいます。良いものは高いです。

■おすすめ
①ステレオフォネット No.171

ケンツメディコ 聴診器 ステレオフォネットNo.171 ブラック【送料無料】[KENZMEDICO 医療用]



・やはり最強の聴診器。音が立体的に聞こえる。
・音の質のレベルが違う。チェストピースが良いのでしょう。
・音量、聞こえる幅が申し分無く、もちろんⅢ音と拡張期雑音も聞こえます。
・呼吸音もかなりクリア。
・日本製。これを超えるものは、おそらく無い。
・6万円とちょっと高い。
・無くしたので、相当ショックでした。

②リットマン トラディショナル

3M リットマン ステソスコープ トラディショナル 3143 バーガンディー

・チェストピースが深い。
Ⅲ音、拡張期雑音が聞こえる。音量も良い。
・そこまで重くなく、非常に使い勝手が良い。
・昔は3〜4万円くらいで、リットマンで買うならこれしかないと思っていました。今愛用しています。
 この記事を更新したのは、研修医からトラディショナルが発売中止された!と聞いたからです。
 探してみると、amazonに7万で出品されていました(上リンク)が、それだけでした。残念です。

③リットマン カーディオロジーⅣ

リットマン 聴診器 Cardiology IV ブラック/ブラス・エディション 6164 Littmann カーディオロジー4 ステート


・今売っているリットマンの中ではこれかと思います。
・片側の膜は小児対応、この部分をベルにすることもできるようです(かなり硬くて私には難しかったですが)。
・よく聞こえます。最近の研修医は皆使っています。
・個人的にはトラディショナルのベル型が好きなので、ちょっと物足りない感がありますが、まあ十分です。


■おすすめしない
①リットマン クラシック

リットマン 聴診器 クラシックIII 5622(ネイビーブルー)



・一番普及しています。
Ⅲ音は絶対聞こえない。拡張期雑音もぎりぎり。
・呼吸音もかなり遠い。かなり厳しい。
・1〜2万円くらい。安いだけです。
・使っても勉強にはならない。


②リットマン マスターカーディオロジー

リットマン 聴診器 マスターカーディオロジー2161(ブラックエディション)



・リットマンの最高級品。でも3万くらいなので、意外に使っている人は多いです。
・チェストピースの押し付け方の強弱で、膜型とベル型が使い分けられます。
・Ⅲ音は聞こえるが、やや呼吸音が聞こえづらい
・昔は膜型の音量が小さいと思っていたが、刷新されたのか今のはそれなりの音量がありました。
・個人的には、ベル型で聞く時、径が小さい方が効きやすいと思います。つまり、膜+ベルの一体型ではなく、従来の別々となったものが良いのかと。
・また、COPDの胸壁脂肪がない方の聴診は難しいです(面が広くて圧着しないから)。


③ステレオフォネット No.178

(全6色)ステレオフォネット SX178 【ケンツメディコ社製】 (ダークネイビー)



・音が立体的に聞こえる聴診器ですが、No.171と比較するとかなり劣ります。
・具体的には、音がかなり小さいです。特に膜型、密着していないと全然聞こえません。
・長く使っていましたが、あまりお勧めできないという結論になりました。
 ・3万円くらいです。


④リットマン エレクトロニック

リットマン エレクトロニック ステソスコープ 3100BU バーガンディー 3M スリーエムヘルスケア【正規品】【電子聴診器】

・電気聴診器です。
・音量調節できて、音量は申し分ないですが、音に何かちょっと違和感ある。
・チェストピースが片面ですしでかいです。
・重いです。
・5万〜と高い。これを買うなら、ステレオフォネットNo.171の方が良いです。


更新 2017/7/5

★本当に良い参考書です。外科は本当に解剖につきます。

①基本的な手技がうまくなりたい

ねじ子のヒミツ手技 1st Lesson


・研修始まった頃から、ずっと思っていました。
・色々な本を見ましたが、この本がクリティカルでした。
・ほぼ漫画なので、面白い!
・それでいて、読みながら「へー」が連発します。
 …特に、「ちょっとした所」がよくわかります。
・読んでからやると、絶対ちょっとうまくなったと思います。
・手技こそやった量が大事なのは間違いありませんが、本もあるとなお良いと思います。
・安直本だと思うかもしれませんが(私も思っていました)、嘘だと思って読んでみて下さい。


②一般外科研修で、手術で何をしているか知りたい

イラストレイテッド外科手術 第3版 縮刷版 膜の解剖からみた術式のポイント


・外科は実際に手を動かすことが最も大事!と習いますが、優秀な上の先生は、仕事の後必ず解剖の勉強をしていました。
・その先生に勧められた教科書です。
・やや難しいですが、これを読んでから手術に臨むと、全く違います。
⇒何気なくやっている操作が、どういう意味を持つかわかります。
・幸運にも自分が執刀する経験を持った時、とても役にたちました。
・若い優秀な外科医が書いた本のようです。
・忙しい研修だと思いますが、合間に是非。


③一流の外科医は何が違うか、何を考えていたか知りたい

外科手術に上達くなる法ートップナイフたちの鍛錬法



・名著中の名著。
・様々な分野の、一流外科医へのインタビューです。
・皆有名人で、憧れる人たちです。
・トップナイフになるまで、皆考えていることは違いますが、皆尊敬できます。
・そして、皆苦労しておりエピソードが面白い!
・この本の著者こそ一流の外科医なので、説得力が違います。
・外科でなくとも、トップを目指す臨床医なら必ず刺激を受けます。
・宝物になります。

★本当にお勧めする本です。感染症診療は、詳しい人に聞くことと良い参考書がどちらも必須です。

①感染症をはじめて学習する

感染症診療のロジック


・臨床推論に基づいており、文章も平易で読みやすいです。
・面白いことに、外来での一般的が考え方が書いてあり、これがかなり重宝されます。
・なるべく早く読んだ方が良い本だと思います。診療の質が上がります。


②今やっている感染症診療がスタンダードか疑問に思う

感染症まるごと この一冊


・この本は、そういったシチュエーションに遭遇したときに開く本です。
・私はそんな時読んで、衝撃を受けました。
・ニーズが高く勘違いしやすい所が抑えられており、必ず役に立ちます。
・繰り返し読む本で、内容が深いです。
・前半はまとめなので、問題形式の後半をやるとすごさがわかります。それでいて割と薄くて読みやすいです。


③今後感染症を自分で解決する

レジデントのための感染症診療マニュアル 第2版


・必携と言われました。
・確かに、多くの優秀な内科医が持っています。
・実際、かなり使います。必携です。


④病棟で解決したい

○スマホのアプリが良いです。
Sanford Guide, Johns Hopkins ABX Guideのどちらかが良いと思います。
・感染症科の多くの先生が使っています。
・有料ですが、本を買うより安いです。


★本当に良いと思った本だけ紹介しています。

①救急外来

ジェネラリストのための内科外来マニュアル


・鑑別診断の本は限りなく色々ありますが、この本が最も実用的だと思いました。
・研修医が勉強したいことが、この本に凝縮されています。
・忙しい外来をやりながら勉強するには、これくらいコンパクトでないと読めません。気になったら、外来終わった後に勉強すると良いと思います。
・もっと早く買えばよかった、と思った本です。


②病棟での知識補完

Pocket Medicine: The Massachusetts General Hospital Handbook of Internal Medicine, 5th edition (North American Edition) (Pocket Notebook)


・アメリカでは必携といいます。
・コンパクトに知識がまとまっており、すぐ参照できるので良いです。
・日本語版は何故か読みにくく、英語版をお勧めします。
・学生の頃読んで感動しました。
・但し、あくまでスタンダードな知識のレビューとして適していると思います。


③薬の使い方

症状と患者背景にあわせた頻用薬の使い分け―経験とエビデンスに基づく適切な処方


・痛み止めや便秘薬など、ルーチンで出してしまう薬の考え方です。
・実際の薬の使い分けは、研修医になって初めて学ぶ知識だと思います。先輩医師に聞くか、本で自分で勉強することが求められます。
・処方する機会の多い薬なので、一度学んでおくと役に立ちます。
・名著です。


④身体診察

サパイラ 身体診察のアートとサイエンス 原書第4版


・身体診察は重要、と教えられますが、体系的な教育を受けることはほとんどの病院で難しいです。
・一方、上級医とディスカッションする時、身体所見は意外に有用です。
・この本では、身体診察の方法や歴史、有用性について、著者(有名人)の私見が述べられています。
・辞書として使え、またウィットがきいていて読んで面白いです。


⑤漢方を使ってみる

フローチャート漢方薬治療2 典型例で生薬からカンポウを理解する


・対症療法として、漢方はめちゃくちゃ使えます。
・理論を理解するのは、非常に時間がかかります。
・この本は、典型的な症例に対する漢方処方と、その根拠を、200例くらいまとめたものです。
・これさえあれば、それらしく漢方が使えます。
・かなりカバーしているので、極める気が無ければこれ1冊でいけます。
・漢方初学者の臨床医には、ものすごく適切な本です。

 
更新 2015/4/22 

★基礎は臨床に出てから勉強すると、色々分かって面白いと思います。そういった視点で紹介させて頂きます。

①生理学

Guyton and Hall Textbook of Medical Physiology: with STUDENT CONSULT Online Access, 12e (Guyton Physiology)


・生理学の名著です。
・ほとんど全ての疑問が解決します。よく引用します。
・生理学の本は沢山買いましたが、これこそ生涯使える1冊あると良い本だと思います。
・但し、分厚い英語の本です。


②解剖学

グレイ解剖学


・要点がまとまっていて、すごく読みやすい本です。
・Gray's anatomyの原著を買っていましたが、細かすぎて頭に入りませんでした。
・これは頭に入ります。
・これは学生用といいますが、かなり内容は充実しています。専門以外の領域で、この本で困ることはまずないと思います。
・最近版が新しくなっています。

イラスト解剖学


・安直本だと思って持っていませんでしたが、最近買いました。
・臨床的な目線で書かれていて、すごく面白いです。
・そして本当にわかりやすい。
・この本を持っていなかったことを後悔しています。学生の内に買った方が良いです。


③生化学

イラストレイテッド生化学 原書5版


・生化学は分かりにくい分野なので、ビジュアルが良いこの本をお勧めします。
・概念がつかみやすいです。中身も十分。
・実は臨床にかなり関連しており、生化学的に疑問が解決することがよくあります。それがよくわかります。


④免疫学


休み時間の免疫学 第2版 (休み時間シリーズ)


・ちょっと番外編ですが、是非紹介したいのでのせました。
・入門書ですが、よくできています。
・これから入ると、スムースに学習できます。
・臨床にでてから読みなおすと、「そうだった」と思うところあります。
・優秀な方には必要ないかも。
 

更新 2014/10/5 

★本当に良かったものです。必ず役にたちます。

①薬の使い方

ICU/CCUの薬の考え方,使い方


・とても読みやすく、内容も濃いです。
・もともと著者はコメディカル向けに書いたといいますが、医師の勉強に十分足ります。
・救急・麻酔・集中治療に初めて携わる時、とても役に立ちます。ほぼ必携です。
・実際の薬の使い方は、学生時代に勉強していません。現場と本から学ぶんだと思います。
・救急、麻酔、集中治療の導入に最適です。薬の使い方がかなり具体的に書いてあります。
・多くの人が持っています。


②ICU管理

Marino's The ICU Book: Print Ebook with Updates (ICU Book (Marino))


・病態生理から実臨床まで、高い水準で解説しています。
・イラストもきれいで、分かりやすいです。
・著者のMarinoが一人で書いており、主張に一貫性があります。
・ICUで疑問に思ったことが、ほとんど書いてあります。集中治療が好きと思う人は、絶対はまります。
・この本を引き合いにして、オーベンとディスカッションできます。
・最近新しい版がでました(↑、英語です)。


③ACLS

ACLS EPマニュアル・リソーステキスト


・ACLSは必須の技能ですので、できるだけ早く受講した方が良いと思います。
・ACLSは誰でもできるように、美しく簡略化してあります。
・その根拠をまとめたのが、この本です。
・一方、ACLS-EPという、ACLSの上位のコースの教科書です。あまり知られていませんが、コースもかなり勉強になります。
・ACLS-EPは、「救急患者に対し一貫したアプローチをする」「原理から理解する」ことを求めます。
・受講後にこの本を読み、感動しました。
・研修医でACLS, ACLS-EP受講すると本当に勉強になるし、モチベーションもあがります。


④集中治療をさらに深く学ぶ

INTENSIVIST Vol.6 No.3 2014 (特集:Severe sepsis & Septic shock)


・病態生理から治療の主流、反論までかなり包括的にレビューしています。
・完成度がかなり高く、読むのに根気がいります。
・このシリーズは、分野ごとに分かれています。
・この本を読めば、その分野で一通り意見が言えると思います。ICU bookより中身は濃いです。
・自分に必要な分野だけ読むことをお勧めします。

 
⑤麻酔

麻酔への知的アプローチ


・マスターピースとされています。
・麻酔の深い知識から、奥深さを知ります。
・麻酔をかける経験をしてから読むと、衝撃を受けると思います。
・麻酔が集中管理につながることがよく分かります。
・やや難しいので、余裕がある方に是非。
 

★本当に良かったものだけ紹介します。どれも絶対役にたちます.

①循環器学を学びなおしたい

ハーバード大学テキスト 心臓病の病態生理 第3版


・生理と病態がかなり深い所まで、分かりやすく解説してあります。
(学生向けの本ですが、研修医になってからも重宝します)
・すいすい読めます。
・ビジュアルが分かりやすいです。
・これを読んで、循環器が好きになりました。


②心電図が読めるようになりたい

心電図の読み方,診かた,考え方―重要症例で学ぶ (レジデントノート 増刊)


・心電図は、たくさん読むことが唯一読めるようになる方法と教わりました。
・この本は、原理から詳しく解説してくれます。意外に、そういう本は少ないです。
・また、沢山例題があります。一通り勉強できます。
・読破して、心電図が得意になった気がしました。
・一番良かった心電図の本です。

心電図の読み方パーフェクトマニュアル―理論と波形パターンで徹底トレーニング!


・みんなが持っている、心電図のバイブルです。
・基本的なことは全て書いてあり、実地で使いやすいです。
・基本的な心電図も網羅されています。
・やはり心電図勉強には必須の教科書なので、載せました。
・原理はややカットされており、もやもやします。そういった方は上の参考書もどうぞ。


③薬の使い分けを知りたい

循環器治療薬ファイル -薬物治療のセンスを身につける- 第2版


・循環器の薬は多様で、参考書なしには理解しきれません。
・循環器の多くの薬の使い方を、原理を踏まえて解説してくれます。
・ウィットが効いていて、読んでて飽きません。
・一方内容はかなり深く、繰り返し読む価値があります。
・しかも、論理だけじゃない所まで教えてくれます。
 …病態としては薬使えるけど、結局不整脈が止まるんじゃなく本人が幸せならいいんです、など。
・筆者は有名な循環器内科医で、豊富な経験に基づいており、信用できます。 


④PCIについて学びたい

確実に身につくPCIの基本とコツ 第2版


・PCIは、分からないで見ているとただ眠たいと思います。
・これは循環器科後期研修医向けの本ですが、基本から丁寧に説明されています。
・日本中のPCIで有名な人たちが書いています。
・循環器科志望の方は、PCIを理解する事は必須です。必携です。


⑤電気生理、アブレーションについて学びたい

EPS―臨床心臓電気生理検査


・アブレーションも、分からないとただ眠たいだけです。
・電気生理について学ぶ事は学生時代ないので、全く新しい世界です。
・なので、上級医が考えている事を理解するには、勉強が必要です。
・これは、不整脈の先生は誰もが一度は読む本、だそうです。
・ちょっと難しいですが、最初の方の章を数日かけてじっくり読むと、ぱーっと世界が開けます。
・理解したい、モチベーションがある人向けです。


⑥腰を据えて、本格的に勉強したい

Braunwald's Heart Disease: A Textbook of Cardiovascular Medicine, 2-Volume Set, 10e


・一流の教科書です。
・最近新しくなりました。
・尊敬する多くの先生が、読破する価値のある教科書として教えてくれました。 
・実際はかなり包括的な循環器疾患のレビューです。スコアリングも詳しく書かれています。
・循環器臨床で分からない事は、大抵書いてあります。
・但し具体的なPCIやアブレーションの方法などにはほとんどふれていません。他書参照。


⑦心臓の解剖が知りたい

Anatomy for Cardiac Electrophysiologists: A Practical Handbook

・心臓の解剖は非常に複雑です。
・まるで宇宙のようです。
・英語ですが、非常に細かく、読み込み応えのある本です。


更新 2016/11/24

↑このページのトップヘ