知識の卵

医学のWhy?を解決するブログです。What?も少し触れています。
著者は循環器内科医・疫学者です。

古い箇所など、是非、ご指摘お願い致します。

資格試験

★独力で勉強する社会人にとっては難しい試験です。それほど時間を費やしていませんが、参考にして下さい。

◎私のスコアです。
最初:verbal 145, quantitative 162, writing 2.5!(片方書ききれず)
2回目:verbal 150, quantitative 169(これが大事、誰でもとれます), writing 4.0
3回目:verbal 153, quantitative 170(これが大事、誰でもとれます), writing 4.0


■GRE攻略の概略
①まず、テストの概要と難しさを知ります。

・verbal, quantitative, writingの3つからなります。大学院にもよりますが、大抵はTOEFLを必須としており、評価されるのはほとんどがquantitativeのようです。
verbalは、これまで受けたあらゆるテストの中で最も難しいと思います。ただ、医師国家試験の勉強量とか考えると、それなりに対策すればそれなりのテストなのだろうと思います。
⇒何しろ単語が難しいです。なので最初はほとんど意味が分かりません。
・quantitativeは高校数学です。簡単ですが、高得点を取るのは少し難しいです。というのは引っ掛け問題があったりして、問題文を注意深く読む事が要求されるからです。つまりやはり英語の能力が問われます。
writingはTOEFLの難しいversionと考えて良いです。大問2つでそれぞれ30分なので、形式は変わりませんが、採点基準が厳しいのです。


②次に、先人の方のブログを読みます。

・これ大事です。
・GREはマイナーな試験なので日本人の受験者は少ないですが、ブログで勉強法など公開してくれている方が何人もいます。
・非常に参考になるどころか、それがないと対策できませんので、全て目を通します。御世話になりました。


③テストの予約をします。

・何度も受けられる試験なので、まず1回受験する事を勧めます。模擬試験でもよいのかもしれませんが、本番はやっぱり臨場感が違います。
※何度も受けられますが、何度も受けるのは良くないとの噂がありますので注意下さい。2-3回くらいでしょうか。
・verbalが全然できなくて、絶望的になってしまっても、大丈夫です。これからです。

※スコアの換算は難しいアルゴリズムがあるそうです。基本的には130-170ですが、ランダムにセレクトすると0となるそうです。0でも大丈夫です。私は最初145でしたが、ほとんど勘です。


④参考書を買って勉強します。

・買う参考書は決まっています。USMLEと一緒です。

1. 指南書

The Official Guide to the GRE General Test, Third Edition


▶︎必須です。全部目を通します。これをやらずして、GREはあり得ません。やらない人は、きっといません。

2. 模擬テスト

Cracking the GRE with 4 Practice Tests, 2017 Edition (Graduate School Test Preparation)


▶︎模擬テスト、なんでもいいですがやれば確実に点数上がります。これは2017年度版ですが、何年度のものでも変わりないでしょうが、中身は問題無し。

3. 単語

500 Essential Words (Manhattan Prep GRE Strategy Guides)


▶︎単語はGREにとって最も重要といっても過言ではありません。これは皆さんが推奨しているものです。しかし時間がなくて私は使っていません。余裕があれば買う事をお勧めします。

・私は仕事の合間、エレベーター待っている時にアプリを使って勉強しました。これも先人のブロガーの方がお勧めしていたものです。このアプリには本当に御世話になりました。
⇒アプリの名前は [iKnow!]。GRE verbal section対策に100words X 8個のプログラムがあります。参考書より高いですが、スキマ時間にできるので、社会人にはお勧めです。

4. Quantitativeの単語

▶︎見落としがち、かつ最も重要です。というのは、苦労しても簡単なQuantitativeのスコアが評価されるというがっかりテストだからです。Quantitativeに際して覚えるべき単語はそれほどありません。googleで検索すればいくつか出てきますので、それをしっかり覚えます。
・これは本当に大事です。本番で1つ分からなかった問題は、実は単語が分かりませんでした。


5. writing
▶︎これはもはやテンプレートを使うしかありません。TOEFLでさえそれが推奨されていますが、TOEFLは必要性をそれほど感じていませんでした。しかし、指南書をみてみると、30分でこれほど要求されるのか!とびっくりしてしまいます。それぞれ6点満点で、6点のエッセイはほとんど文学の域に達しています。最低500 wordsは必須です。TOEFLで500wordsなんで多すぎるくらいかと思いますが、GREではそれがminimumなのです。
・ちなみに、書ききれないと−1点らしいです。
・テンプレートは、GRE, writing, templateで検索すればいくつかでてきますが、私は日本人の方が作ったものを使いました。
・ちなみに、お題はなんと全部公開されています。Official siteにそれぞれ載っています。
⇒これを使って、毎日1作文(つまり30分)、1ヶ月(30回)やります。添削なくとも、これでできるようになります。


⑤試験本番。
・Verbalは分かるようになってる!と実感できました。点数は微妙ですが、もう一度受ければもっと取れるだろうな、という感じでした。Quantitativeは集中してやります。Writingは機械的にやります。まあまあだったかな?と思います。GREは受験直後にスコアがでます。
・まあまあの点数だったので2回で終わりにしました。


今はTOEFLのspeakingで苦労しています。まだ98点です。そんなレベルですが、参考にして下さい。

★勉強していて、また試験が終わって思った事です。

■状況、心持ちの話

USMLEは、基本的には、医学生が誰でも受ける合格率の高い試験なので、日本の国家試験の英語版、と考えれば良いと思います。しかし問われる分野が全然違うことと、英語であることから、もう一回国家試験の勉強をやる、という心持ちです。
なので、「毎日1時間の勉強を1年続ける」といった勉強は向きません。期間を決めて集中的にやるべきです。

きっと、医学部6年生のような環境なら(つまりアメリカ医学生の環境にあれば)、そこまでハードルの高い試験でないと思いました。
私は働きながら、一人で対策しましたが、過酷でした。勉強できていなくとも「働いているからしょうがないし」と自分に言い訳してしまい、踏ん張れませんでした。また、一人だと勉強していても刺激が少なく、モチベーションを保てず度々youtubeなんかみてしまっていました。
試験勉強としてかっちりやれば、もっと高得点がとれたと思いました。

なので当たり前ですが、高得点を取るには、高得点を取る事に貪欲になれる環境を作る事こそ一番大事です。この試験は学生中に勉強会を作ってやっちゃうのが一番良し、社会人の方は、少なくとも勉強仲間を見つける事が大事だと思います。


■勉強内容の話

まずFIRSTAID Q&A解く⇒FIRSTAIDで復習 で1周します。全然解けなくて、こんなの出来るようになるのか不安に、絶望的になりました。でも出来ないのは、USMLEという試験に慣れてないだけです。ちなみにこの時FIRSTAIDに無いと思って書き込んだ事は、実はFIRSTAIDのどこかに書いてある事が多いです。それほど、FIRSTAIDの情報量は多く、試験を網羅しています。

私はその後FIRSTAIDを頑張って1周読み、FIRSTAID Q&Aを2周、USMLEWorldを1周、FIRSTAIDを1周読み、何となくUSMLEが分かってきました。NBME模試を初めて受験したら、179点で、こんなものかと思いました。単純暗記の問題を多く間違えていたので、点数上がる余地は大いあると思いました。

FIRSTAIDの内容は、本当に細かな所まで問われます。それを覚えるには、おそらくFIRSTAIDを読むだけでは印象に残らず無理です。関連する問題を経験する事が最も手っ取り早いです。だから、問題を解いた数に比例して点数が上がります。

一方、FIRSTAIDを読むだけでは絶対に理解できない所があります。特に生化学(例えば蛋白産生の過程)。ちゃんとした教科書できちんと理解する事が、本番の高得点につながります。これが重要なんです!というのは、解いている問題は結局過去問じゃないので、問われた分野を勉強するきっかけに過ぎないからです。本番にはちゃんと理解していないと解けない問題が沢山出ました。
向こうの学生は各分野の教科書を読んで勉強するそうです(模試とFIRST AIDだけでも平均くらいはとれますが、高得点は絶対とれません)。


以降、休日にNBME模試、KAPLAN Qbank、USMLE sample test、UWorld模試を使った模擬テスト、平日に復習+FIRSTAID読み を繰り返しました。しかし思ったより得点が上がらず、7月のNBME模試で217点でした。

ここで、なんで間違えるのか、分析しました。
すると、
・診断をつけてから選択肢を選んでいない
・病態をわかってから選択肢を選んでいない
・違うよな、と思った選択肢を選んでしまっている
・面倒くさがって考えきっていない、思い出しきっていない
・問題文や選択肢を読みきれていない
など、集中力を欠いていたことが原因のものばかりでした。

だから、知識はついているから、試験本番で集中してやり抜く事が大事なんだと思いました。

でも、それをするのが難しい事にこそ、外国人にハンディがあるのだと気づきました。日本語の国家試験だって、あれだけ長い時間やってれば疲れたと思います。同じような試験を、英語で、かつ休憩時間少なくこなす必要があります。


■試験本番にかけての話

本番は46問/1時間 ×7 blockで、1時間の休憩を自由に使えます。
ちなみに持ち物は、
・パスポート
・Scheduling Permit
・耳栓
・飲食物
です。

読み間違えないように、病態を考えて、正確に思い出しながらじっくりやると、結構時間に追われました。本番は、考えなければいけない問題ばかりでした。単純な暗記事項を問う問題は少なかったですが、そういう問題は得点源でした。
休憩時間は、思ったより沢山あり、10分余りました。1-2block, 3-4blockを続けてやりましたが、3-4blockの間は休憩すれば良かったです。

終わってみると、あんまり出来た感じはしませんでしたが、それなりの得点でした。

以上です。

★使う本も勉強法も決まっています。

■参考書、問題集
①FIRST AID for STEP1

First Aid for the USMLE Step 1 2015


・皆これに書き込んで勉強します。
・これを隅から隅まで覚えることが必要です。最初は信じられませんが、細字からもめちゃくちゃ出題されます。
・最初はどこに何が書いてあるのかわかりません。しかし、このまとめ方が一番良いだろうことが、後々わかってきます。
捨てるページが一切ありません。


②BRS Behavioral Science

BRS Behavioral Science (Board Review Series)


・唯一、行動科学だけはFIRST AIDでは全く足りません。
・この本を2周したら、行動科学ができるようになった気がしました。
・最初は、医療面接の方法など、常識クイズで正解できません。それは、USMLEのセオリーを知らないからです。この本に書いてあります。
・精神科や神経の一部も含まれております。


③FIRSTAID Q&A

First Aid Q&A for the USMLE Step 1, Third Edition (First Aid USMLE)


・これが一番とっつきやすい問題集です。


④NBME STEP1模試

▶︎https://nsas.nbme.org/home
・1回60ドルで、間違えた問題しか復習できません。
・ぼったくりですが、NBMEは本番のテストも作成している機関のようなので、受けざるを得ません。
・全部受けた方が良いです。
・答えは、ネットの掲示板を参考にします。例えば、[nbme 17 heme synthesis]とかでgoogle検索します。答えてくれる彼らは受験生ですが、USMLEの鉄則なんかも教えてくれたりして、勉強になります。


⑤UWorld Qbank + 模試

▶︎https://www.uworld.com/purchase.aspx?cid=1
・このQbankをやると、スコアが30 upするそうです。
・本番と同じ形式です。
・知識重視型の問題が多く、勉強ツールとして活用します。本番は、知識を元にして考える問題ばかりです。
・UWorldの模試のスコアは参考になりません(高くでます)。


⑥Goljan Audio Lectures

▶︎http://shortwhitecoats.com/2011/goljan-audio-lectures-and-high-yield-notes
・病理の先生でSTEP1対策の講師をやっている人だと思います。
・これを聞いて良かった、と思った瞬間は限りなくあります。
 例えば、「伝染性単核球症の異型リンパ球はT細胞なんだぞ」「輸血による感染で一番多いのはCMV」「骨粗鬆症予防に水泳は意味ないのは有名、骨に負担がかからないから」とか。
・50分くらいのレクチャーが30個くらいあります。上記のサイトのリンク先で無料ダウンロードできたと思います。
・ハイテンションで、授業うまいです。


⑦USMLE Sample Test

▶︎http://www.usmle.org/pdfs/step-1/2015samples_step1.pdf
・USMLEが公式にpublishしている問題です。
・ちょっと簡単な印象ですが、確かに本番っぽい問題です。


⑧Kaplan Qbank

USMLE Step 1 QBook (USMLE Prep)


・考えさせる問題は少なく、本番の問題とは全然違いますが、そんなこといってられません。FIRST AIDの全体像が理解できた先は、いかに多くの問題を解くかにかかってきます。


●ここまでやれば受かりますが、高得点は厳しいと思います。これから先は、各科の教科書を読み、FIRST AIDに載っている知識を深めていくしかないのかと思います。それかKaplanに通うか。そこまでできませんでした。
以上です。

★3ヶ月前に動き始めた方が良い。

■オンライン申し込み

・ECFMGにアクセス
⇒On-line servicesのIWAにアクセス
⇒click here to establish accountにアクセス
⇒アカウント作成、ECFMG申し込みをする
 ⇒1日以内(数日かも)にメールが届く;5/7
 …Your USMLE number●●
  ECFMG Web Site Authentication
 ⇒その1日後にメールが届く;5/8
 …Application for ECFMG Certification
⇒STEP1 申し込みをする
 ⇒数日以内にメールが届く;5/12
 …On-line part of STEP1 has been received by ECFMG

※注意点
この時点で受験日の範囲(3ヶ月)を指定します。
 また、ECFMG登録料、STEP1受験料を払います。
・住所の欄は「県」が書けないですが、大丈夫です。
・title of medical degree は Igaku (Bachelor of Medicine) だそうです。
・他、色々聞いてきますが、空欄で大丈夫なものは大丈夫でした。
・すぐに、次の書類準備に取りかかりましょう。


■書類

・既卒の場合、以下を用意します。
①Form 186
 …Signiture of Medical School Office は、医学部長のサインです
②パスポートサイズの顔写真
③Form 345(2枚)
 …貼る写真は、パスポートサイズの顔写真で良いです。
④卒業証書とその英語訳(2枚)
 …原本は、印刷会社に頼んで、A4サイズに縮小コピーしてもらいました。
  これがかなり大変でした。
⑤成績証明書とその英語訳(2枚)

⑤と④の英語訳は大学に用意してもらい、全部合わせて大学からECFMGに送ります。
 大学に送る際、丁寧に説明しましたが、ちゃんと送ってくれたか心配になりました。2週間くらい大学内の手続きに時間がかかったようです。

・大学に送ってから3週間程度でメールが届きます
 …Form 186 has been received by ECFMG;6/10
※このメールに、「On-line partとForm 186に手続きに、3週間くらいかかります」とあります。
 2つは別の手続きらしく、OASISでそれぞれの進捗状況が確認できます。つまり、片方だけstill in processの時間があります。不安になりUSMLEに問い合わせましたが、返信されるのは5営業日以内(!)で、その返信を待つ間に両方process completeされました。


■試験日決定まで

次のメールがくるまで、辛抱強く待ちます。
・Certification of identification form has been accepted;7/3
・proccessing of STEP1 application is complete;7/8
 ⇒request to withhold STEP1 resultをする
 ⇒その確認メールがくる
・Scheduling permit is available;7/10
 ⇒これでようやく試験日決定できます。prometricという会社を通して行います。

私は7月最終週に受けたくて、余裕をみて5月初めに準備始めましたが、最短でやってもこのようにギリギリでした。5/7に始めて、7/10に試験日決定できました。
ちなみに、試験会場は御茶ノ水のソラシティでしたが、日曜日以外、ほとんどの日で受験できるようでした。

以上です。

こんにちは。
最近、USMLE(アメリカ医師国家試験)STEP1を受験しました。

私は、働きながら一人で勉強して受験したので、情報源はネットだけでした。
見つけられたのは少し前の情報でしたが、それでも凄く参考になりました。

なので私も、試験の概略、申し込み、勉強法など、
自分が知りたかった事や、これから受ける方が役に立つだろう事を、ブログに残しておきます。

やり始めると結構大変だと思います。
けど、臨床を経験してから基礎を勉強して、臨床の考えが深くなりました。
質が高く、ためになる試験でした。

結果はアメリカ人の平均点くらいで、そこまで高得点ではありませんでしたが、
よかったら参考にして下さい。


▶︎動悸付けになる本
勉強中のモチベーション維持に必要です。
①アメリカ臨床留学への道

アメリカ臨床留学への道


・かなりの情報がまとまっています。
・著者それぞれの熱い気持ちが伝わります。
・知りたい、具体的なことがわかります。VISAの事から、車の購入!まで。


②米国医学留学のすべて

米国医学留学のすべて


・写真や絵が豊富で、すごく読みやすいです。
・体験記、アドバイスを軸にしています。
・どんな雰囲気か、掴むのに良い本です。


▶︎目次
(あとで追加します) 

↑このページのトップヘ