★浸透圧ギャップ。

◎臨床ではマイナー知識です。

■浸透圧の値の出し方2通り
・計算して出す場合:2×Na+Glu÷18+BUN÷2.8

・測定して出す場合
⇛液体が凍結する温度を測ります
 =凝固点降下の評価です
 (昔化学でやりました。水に電解質が溶解すると、凍結する温度が下がる現象です)
⇒溶解物のmolがわかります
⇒これから、浸透圧を換算します


■浸透圧ギャップ
測定された浸透圧>計算した浸透圧 となること。
⇛2つ原因があります。

他の溶解物がある場合
計算に使う電解質が足りない、ということ。
・アシドーシスである時
⇛エチレングリコール、メタノール、腎不全、ケトン、乳酸、ホルムアルデヒド、パラルデヒド
・アシドーシスでない時
エタノール消化物、ジエチルエーテル消化物

偽性低Na血症
●浸透圧は変わらないが、Naの検査値が低く出るため、計算値が低くなる、ということ。
高蛋白血症、高脂質血症でみられます
 …血漿中の水分は約93%であり、7%は蛋白と脂肪で占められる
  =Na140mEq/Lは、実際血中だと140÷0.93=151mEq/L、ということ
 ⇒蛋白・脂肪が極端に多いと、血漿中水分量が減る
  =上記の例で水分80%となった場合、151×0.8=128 となりえる
 ⇒Naの検査上データが低くなる、ということ。
 
 
参照 UpToDate