★高Kによる.

◎単純です。心保護液の蘇生を知っておきましょう。

■心保護液の組成と
1.グルコース ⇒エネルギー補給のため。

2.ジュータミン(重炭酸Na) ⇒緩衝液です。

3.マンニトール ⇒膜安定化,心筋浮腫予防
 ・膜安定化=フリーラジカルスカベンジャー
 ・浸透圧をあげ,心筋浮腫予防する

4.KCl ⇒心停止を引き起こします
 ※Na流入し、膜は脱分極した後、
 ⇒再分極過程に入りますが、
 ⇒高カリウムにより静止膜電位が上昇しているので、元の電位まで戻りきりません。
 ⇒この状況では、電位依存性Naチャネルが不活化されているので、
 ⇒次の脱分極がおこらないため、新筋収縮しません。
※参照:http://chishiegg.com/archives/22866675.html

5.インスリン ⇒エネルギー補給
 ・心筋のGlu利用を促進します

6.リンデロン(ステロイド) ⇒膜安定化

7.アルパラギン酸,グルタミン酸 ⇒エネルギー補給
 ・クエン酸回路を促進します

8.ヒスチジン ⇒緩衝液

9.MgCl2 ⇒心保護
 ・高Caに拮抗します。


参照http://nagoya.tokushukai.or.jp/shinryou/masui/shinzoumasui1-5-1.htm
    http://www.teikyo-cvs.com/public/seminar_doc/cvs_seminar01/cvs01_slide.pdf