膠原・アレルギー

no image

膠原・アレルギー 薬剤

コルヒチン⇒抗炎症

2014/8/2  

★アラキドン酸カスケードを介さない。 ■機序・重合していないチュブリンのヘテロダイマーに結合⇒安定させ、微小管のダイナミクスを阻害⇒微小管脱重合⇒細胞骨格の変化を必要とする変化を阻害 =有糸分裂、エキ ...

no image

放射線・検査 膠原・アレルギー

SLE⇒CRP陰性

2014/7/2  

★謎の全身炎症でCRP陰性の場合、SLEを考える。 ■機序○SLE⇒1型インターフェロン産生 ※1型インターフェロン:IFNα、βのこと           …マクロファージを活性化するIFNγと区別 ...

no image

放射線・検査 膠原・アレルギー

SLEとAPSの血液検査がまぎらわしい

2014/6/9  

★同じ抗原を見ている検査が多い。■SLEと抗リン脂質抗体症候群(APS)・APSの50%が続発性⇒そのうち80%の原因がSLE ■検査①STS法(梅毒に対する血清検査)・歴史的には補体結合を用いたワッ ...

no image

内分泌・糖尿病 膠原・アレルギー

内分泌・膠原病疾患⇒腹痛

2014/4/27  

★違った腹痛の機序を知る。 ●糖尿病性ケトアシドーシス(DKA)・糖尿病⇒①自律神経障害  ②アシドーシス、電解質異常⇒胃内容排泄遅延、イレウス⇒腹痛※よって、アシドーシスやDKA補正された後も腹痛持 ...

no image

救急・外傷 膠原・アレルギー

二相性アナフィラキシーの病態

2014/3/26  

★不明. ■仮説①・抗原の皮膚での感作,肺への吸入⇒肥満細胞の脱顆粒 (一回目)⇒数時間後,好酸球・好塩基球・リンパ球浸潤 (二回目) ※患者ごとに,二回目の出現時間が違うことの説明とならない※致死性 ...

no image

膠原・アレルギー

皮膚筋炎⇒癌

2013/11/27  

★自己抗原が関係してそう. ・皮膚筋炎・多発筋炎⇒筋細胞が壊れ,再生⇒再生した細胞に,筋炎特異的自己抗原が発現⇒合併した癌の細胞にも,同じ抗原を認めるものあり⇒関係してそう (正確にはわかっていない) ...

no image

整形外科・皮膚・形成 膠原・アレルギー

薬疹がでてくるタイミング

2013/11/16  

★薬にもより,すぐ~数ヵ月. ■蕁麻疹様・Ⅰ型アレルギー・原因:βラクタム,筋弛緩薬     生物学的製剤(異物)     プラチナ製剤(カルボプラチン,シスプラチン)・数分~1時間で発症⇒吸収遅れた ...

no image

放射線・検査 膠原・アレルギー

血管炎ってどのように診断するの? ★ANCAの意義

2013/11/11  

★診断基準は研究用.・臨床研究で感度,特異度を出すために作られたもの.⇒実際に臨床でも用いられるが,clear cutでない症例も多い⇒「○○っぽい」で診断とし,治療を開始する⇒治療(投与量など)は異 ...

no image

膠原・アレルギー

強直性脊椎炎⇒bamboo spine

2013/9/11  

★椎間板が炎症により骨化することによる. ■強直性脊椎炎・他の膠原病と同じく,なぜ炎症が生じるかは不明 …免疫異常に起因すると考えられている(HLA-B27)①腱付着部炎:靭帯,脊椎間の炎症②椎体炎: ...