腎・泌尿器

no image

腎・泌尿器 血液、輸血

なぜクエン酸が代謝されてHCO3-となるか:大量輸血で代謝性アルカローシス

2018/10/25  

★弱酸だから. ◎これは直感的には理解しにくい話ですが、「代謝性アルカローシス=HCO3-の増加」であって「代謝性アルカローシス=pHの上昇」でない、という事を理解せねばなりません。それはアルカレミア ...

no image

感染 腎・泌尿器

尿検査の亜硝酸塩の意義

2018/10/8  

★感度は低い.◎意外にも尿路感染症の診断は悩むことがあります。 ■亜硝酸塩のできるメカニズム・細菌感染⇒尿中の硝酸塩が還元される⇒亜硝酸塩 ※還元作用をもつ細菌でないと認められません⇒グラム陽性菌は還 ...

no image

腎・泌尿器 電解質異常

ループ利尿薬で低カルシウム血症となる機序

2018/5/7  

★ループ利尿薬はヘンレ上行脚に作用し、以降の尿細管作用を阻害する。◎あまり臨床で実感することは少ないですが、理論的にはこうなります。 ■ヘンレ上行脚の電解質輸送メカニズム●解剖(尿管輪切り)・尿細管内 ...

no image

放射線・検査 腎・泌尿器

腎機能障害患者で造影MRIが禁忌の理由、機序

2017/7/10  

★腎性全身性線維症。◎ガドリニウム造影剤は腎機能低下例に使用禁忌ですが、副作用は腎機能障害でなく全身性の疾患です。 ■腎性全身性線維症●概要・ガドリニウム造影剤への暴露後2-4週で発症する(2日〜8年 ...

no image

腎・泌尿器

透析患者の心臓弁膜症の評価、循環器コンサルトのタイミング

2017/2/1  

★基本的に対応は非透析患者と同様。 ◎透析患者は、血液透析導入時に心エコーが施行されることが少なくありません。どの程度の異常で異常と判断し、循環器内科へコンサルトすべきでしょうか。ここではASとMRに ...

no image

腎・泌尿器

無症候性高尿酸血症;いつ治療開始するか

2016/6/20  

★無症候性の限り治療しなくてもよい。するなら男性でUA>13, 女性でUA>10の場合。 ■高UA血症の合併症高UAに対する治療=高UAによる合併症の予防①痛風  年間発症率;U ...

no image

腎・泌尿器

心房細動+腎不全患者の抗凝固をどうするか

2015/8/14  

★CKD Stage 4では推奨、透析になると推奨されない。 ■機序●CKD⇒塞栓リスク↑・透析:血管内血液量が数時間で急に減る   ⇒粘稠度が増す可能性あり・内皮障害、動脈硬化↑・RAAS系↑・pr ...

no image

腎・泌尿器

AKI:腎性、腎前性の鑑別法

2015/6/8  

★FENa、利尿薬使用していればFEUNかFEUA、ただ最も信頼できるのはボリューム負荷。※以下の認識の下での話。・腎前性急性腎障害(腎虚血)は腎実質へダメージ与える⇒腎性腎障害の要素もある⇒腎性と腎 ...

no image

腎・泌尿器

AKIかと思ったら;定義、原因と病態

2015/6/5  

★ATNは腎虚血(+腎毒性)で生じる。 ■急性腎障害(AKI)の定義;AKIN分類・48時間以内でCreが0.3mg/dl以上 or 50%以上の上昇, 若しくは尿量が6時間以上にわたり0.5ml/k ...

no image

腎・泌尿器

その透析が適切かどうかの判断法

2015/5/4  

★Kt/Vが低値なことと、患者ひとりひとりの状況を合わせて判断する。※症状の改善の具合、BUNの減り具合は信頼できる指標とならない (食事で変動するため) ■透析状況の判断法●1ヶ月毎に、以下の指標を ...