★コルチゾール作用,アルドステロン作用の力価が違う.

■ステロイドの種類・特徴

一般名

商品名

コルチゾール作用

アルドステロン作用

半減期

ヒドロコルチゾン類
(コルチゾール) 

ソル・コーテフ

1

1

1.2h

プレドニゾロン類

プレドニン

4

0.8

2.5h

メチルプレドニゾロン類

ソル・メドロール

5

ほぼ0

3h

デキサメタゾン類

デカドロン

30

0

6h

ベタメタゾン類

リンデロン


※ヒドロコルチゾン=コルチゾールの力価を1としている


■内服ステロイドの使い方
プレドニゾロン換算で,投与量を決定
 ・大量=40mg/day以上
 ・中等量=20-39mg/day
 ・少量=19mg/day以下
※コルチゾール分泌
…正常時は,プレドニゾロン換算で3-5mg/day
…ストレス下では,プレドニゾロン換算で80mg程度
 ⇒手術時などの投与量の参考に

●投与法
分けた方が効くが,副作用が多くなる
 …副腎抑制する時間が長くなるため
⇒抗炎症効果狙い:分3-4(血管炎など)
  自己免疫是正狙い:分1(重症筋無力症など)


■注射ステロイドの使い方
半減期の短い,ソルコーテフが使いやすい

●ステロイドは水に溶けないので,コハク酸エステルとしている
 …ソルコーテフ,水溶性プレドニン
アスピリン喘息の患者は,コハク酸塩で悪化することがある
⇒リンデロン4-8mg静注で対応

パルス療法
・メチルプレドニンが生成され,アルドステロン作用がほぼないことから,実施できるようになった
 …1000mg/dayを3日間
⇒副作用多く,また大量ステロイド療法と比べ優れているというエビデンスに乏しい


参照 ステロイドの使い方のコツ