麻酔・外科・胸部外科

no image

ICU・集中管理 麻酔・外科・胸部外科

フロートラックの原理

2014/3/21  

★オームの法則を基に,脈圧と統計から算出している. ■脈圧から一回拍出量(SV)を算出する・オームの法則:V=I×R⇒血管抵抗(R)が一定の時,脈圧(収縮期-拡張期血圧,V)はSV(I)と比例する①脈 ...

no image

薬剤 麻酔・外科・胸部外科

術前に止める降圧薬はARB・ACEiだけか

2014/1/8  

★ARB,ACE阻害薬,利尿薬. ■高血圧患者の麻酔・麻酔中,血圧が変動しやすい(上昇も下降も) ⇒心筋梗塞につながりうる ※MI発生率↑のエビデンスがあり,この予防が重要となる・麻酔終了時,血圧がか ...

no image

麻酔・外科・胸部外科

脊髄くも膜下麻酔(spinal)のやり方,原理

2014/1/7  

★ただの忘備録です. ①手術室についた ⇒患者確認,vital測定,ルートの確認 ⇒エピで低血圧になるので,ここで補液全開にしても良い  ※低血圧の原因  …交感神経↓⇒末梢血管拡張による  ...

no image

消化器・肝胆膵 麻酔・外科・胸部外科

ドレーンの種類,原理

2013/11/12  

★主に閉鎖式ドレーンが用いられる.※ドレーンを入れると勝手に水面が上がるのは,毛細管現象による. ■ドレナージの種類1.開放式・ガーゼに吸収させる⇒逆行性感染(特に4日目以降),凝血解の排出が不良・受 ...

no image

整形外科・皮膚・形成 麻酔・外科・胸部外科

VAC療法,なぜ効くか?

2013/10/1  

★膿を吸うことだけが目的ではない. ●VAC療法…陰圧閉鎖療法のうち,VAC systemを用いた方法 ■直接作用・湿った,温かい環境となる⇒創傷治癒に適している・陰圧により,創の表面+間質から水分を ...

no image

麻酔・外科・胸部外科

術前,ワーファリンからヘパリン置換の意義

2013/9/2  

★半減期が短いため,抗凝固の中止期間が短くて済む. ■抗凝固薬を中止しないと…・明らかに出血リスクが高まる・ヘパリン置換後,4時間休薬して手術に臨めば,出血リスクとならない※ワーファリン休薬後,INR ...

no image

感染 麻酔・外科・胸部外科

閉腹の決まり

2013/8/7  

★エビデンスがある. 1.糸・吸収糸は2-6週,非吸収糸は300日程度で吸収される⇒非吸収糸の方がテンション持続するため,よさそう⇒エビデンスはない※非吸収糸だと皮膚から結び目が触れ,不快となりうる ...

no image

救急・外傷 麻酔・外科・胸部外科

開胸蘇生術の適応

2013/8/5  

★主に外傷. ●開胸蘇生術…心膜切開(心タンポナーデ)  心臓の圧迫止血  下降大動脈のクロス・クランピング(腹部臓器への血流↓,脳への血流↑)  開胸心臓マッサージ(通常のAED蘇生に比べ蘇生率は高 ...

no image

ICU・集中管理 麻酔・外科・胸部外科

CVの適応

2013/7/27  

★厳密には決まっていない. ■原則・腸が使えるなら,経腸栄養を行う⇒腸が使えない場合,経静脈栄養を行う⇒完全静脈栄養の場合,中心静脈栄養が必要の事が多い. ■完全静脈栄養の適応①消化管手術・経腸栄養開 ...

no image

感染 麻酔・外科・胸部外科

手術時手洗いの後,清潔野で手袋をつけていいの?

2013/7/14  

★全然ダメ. ●手術時手洗いの意義⇒手袋破損の際,感染が起こる可能性を減らす ・手洗いについて①手にいる細菌数を減らす事が出来る ※勿論滅菌はできない②水道水で良い ⇒滅菌水と変わらない,とするエビデ ...