消化器・肝胆膵

no image

消化器・肝胆膵

ストレス⇒胃潰瘍?

2013/12/23  

★示唆するエビデンスはあるが,議論が分かれる. ■エビデンス●ストレスは定量化できず,盲検化もできないため,研究が難しい⇒多くの後ろ向き研究は,患者の告白に依存している ●関連を示唆する研究①15年間 ...

no image

消化器・肝胆膵

回数が少ない水様便は下痢か.

2013/11/15  

★下痢でない可能性が高い.…生理的範囲内である,ということ ■下痢の定義●「1日に200gを超える便」⇒実際に蓄便はしない⇒「1日3回以上のゆるい便」が実用的 ●水分吸収低下,又は腸管の水分 ...

no image

消化器・肝胆膵 麻酔・外科・胸部外科

ドレーンの種類,原理

2013/11/12  

★主に閉鎖式ドレーンが用いられる.※ドレーンを入れると勝手に水面が上がるのは,毛細管現象による. ■ドレナージの種類1.開放式・ガーゼに吸収させる⇒逆行性感染(特に4日目以降),凝血解の排出が不良・受 ...

no image

消化器・肝胆膵

癌性腹膜炎の診断は難しい?

2013/8/18  

★細胞診は感度が低い. ○見た目・クリア:漏出性(肝硬変など)で無菌  濁っている:細胞数が多い  乳様:TGが多い(乳糜を含む場合)  ピンク:赤血球が多い ○細胞診・ ...

no image

消化器・肝胆膵

上部消化管内視鏡⇒インジゴカルミン,酢酸の意義

2013/5/15  

★子宮頸癌に対するコルポスコピーでも同じく用いられていた! ◎インジゴカルミン・色素であり,凸凹をみやすくする ◎酢酸・普段,胃は酸性の環境⇒正常粘膜は粘液産生し防御⇒癌細胞は粘液産生しない ・内視鏡 ...

no image

消化器・肝胆膵

腫瘍マーカーの意味,由来

2013/5/3  

★それぞれ由来があり,意義を知るべき. 検査 臨床的意義,メカニズム CEA 上皮組織に広く分布し,癌・異型性により血中に入りうる. 再発や増大により上昇するため,治療後のモニタリングに有用. 特に大 ...

no image

消化器・肝胆膵

消化管出血⇒BUN↑

2013/3/10  

■BUN=血液尿素窒素※尿素窒素=蛋白の最終分解産物である,尿素に含まれる窒素の量 ・消化管出血⇒①腸管内の血液吸収  ⇒血液には蛋白質が豊富に含まれている  ⇒蛋白質吸収↑  ⇒蛋白質分解↑  ⇒腎 ...

no image

消化器・肝胆膵 麻酔・外科・胸部外科

胃切後合併症には色々ある

2013/1/21  

★胃切除後の合併症まとめ。①胆石・リンパ節廓清に伴う迷走神経遮断⇒胆嚢収縮低下⇒胆汁鬱滞、胆石・体重減少により胆汁の胆石化が促進されることも関与②鉄欠乏性貧血・鉄は胃酸によりFe3+をFe2+にして取 ...