感染

no image

感染 腎・泌尿器

単純性膀胱炎の診断に、尿検査はどれくらい有用か?

2015/2/12  

★症状が典型的なら、ほぼ必要ない。■診断・若年女性で下部尿路症状:排尿障害、頻尿、尿意切迫、下腹部痛、血尿⇒これだけで50%膀胱炎 …検査の必要あり⇒ 生殖器の症状なければ、90%膀胱炎 …検査の必要 ...

no image

呼吸器 感染

インフルエンザ陽性だから抗インフルエンザ薬、というのは短絡的

2015/1/28  

★ハイリスクな患者に選択的に処方すると良い。■抗インフルエンザ薬の適応●患者:重症、入院が必要、インフルエンザ合併症のリスクが高い、いずれかの場合…リスク因子⇒5歳以下(特に2歳以下)・65歳以上・妊 ...

no image

呼吸器 感染

かぜ症候群に対して、エビデンスのある対症療法

2015/1/20  

★抗ヒスタミン薬は効かない、効くのは意外に少ない。■発熱、疼痛・NSAIDs:効く、とするものが多い。筋肉痛、関節痛、倦怠感には効かない・アセトアミノフェン:効くかどうかは議論が分かれる。効くとするも ...

no image

感染

かぜ症候群へのアプローチ

2015/1/19  

★病態にこだわらず、臨床症状から病型分類をする。■感冒・かぜ症候群の最も頻度の多い疾患が、急性ウイルス性上気道炎⇒臨床的には、急性上気道炎の病態にこだわるのは利便性がない (抗菌薬使用の判断など)⇒臨 ...

no image

呼吸器 感染

市中肺炎の入院判断と、外来での治療

2015/1/16  

★日本ではA-DROP、抗菌薬はマクロライド/キノロン/βラクタム。■入院判断①Pneumonia severity index(PSI)    背景 合併症 男性年齢 女性年齢 ...

no image

呼吸器 感染

上気道炎と気管支炎と肺炎の違い、臨床判断

2015/1/15  

★肺炎 vs. 気管支炎≒上気道炎。■臨床像①上気道炎:感冒症状…鼻水、咳、咽頭痛の内2種類以上ある事が多い②気管支炎:5日以上長引く咳。3週間程度持続する。50%に痰あり。発熱はまれ ⇒①と②は区別 ...

no image

感染 消化器・肝胆膵

感染性腸炎疑いの合併症無い成人:どう治療するか

2015/1/9  

★抗菌薬使用は,便培養の結果を待ってからが良い. ■治療①水分補給・腸がだめのに水分補給が可能なのは、小腸のGlu-Naトランスポーターはやられないため⇒補充するのは水分だけではだめで、NaとGluが ...

no image

感染 消化器・肝胆膵

感染性腸炎疑いの合併症無い成人;何を考えるか

2015/1/8  

★抗菌薬投与の必要がないウイルスと細菌が多いが、他を見落とさぬように。※外来で,急性下痢・腹痛を主訴とする,生来健康な患者について.■原因・軽症はウイルスが多い・重症は細菌が多い;4回/日以上の下痢が ...

no image

感染

無石性胆嚢炎の診断

2014/12/26  

★原因不明の敗血症か黄疸で除外診断。■病態・内皮障害、胆嚢の虚血、胆泥鬱滞⇒胆嚢腫大、ネクローシス⇒十二指腸から二次感染※免疫抑制状態の患者は、感染が引き金となることあり ■患者背景●複数のリスクをも ...

no image

感染 腎・泌尿器

フォーレ留置中の尿路感染症は、フォーレをどうすべきか?

2014/12/25  

★抜去>導尿>交換。■尿カテーテル関連尿路感染症の病態①尿道の中で、カテーテルの外部にバイオフィルムが形成され、逆行性に感染②尿ドレナージ不良か、尿バッグ中の細菌汚染のため、内部から逆行性に感染⇒外部 ...