感染

no image

感染 麻酔・外科・胸部外科

術前の抗菌薬投与について

2013/7/4  

★エビデンスはある. ・周術期感染で最も重要なのは,皮切時の菌の創部への侵入⇒執刀時に抗菌薬の濃度を最大にしたい +組織移行性が良いものを使いたい +黄色ブドウ球菌をカバーしたい⇒執刀開始60分以内に ...

no image

感染 放射線・検査

Gram染色の考え方

2013/6/18  

★菌いないことも重要な情報. ■生体由来のもの・白血球(ほとんど好中球):炎症を反映                &n ...

no image

感染 放射線・検査

Gram染色⇒顕微鏡の色んなつまみ,どう使うの?

2013/6/6  

★決められたやり方がある! ◆視野がぼやける、欠けてる ☛光軸調節 1.⑥を回す⇒コンデンサを上限位置に 2.③と⑤⇒全開、対物レンズ⇒10× 3.普通にピントを合わせる 4.⑤を絞る⇒光の範囲が、視 ...

no image

感染 薬剤

抗真菌薬の使い分け

2013/5/31  

★抗菌薬と同じく,広域⇒de-escalationする!概略・カンジダ⇒だいたいアゾール系      ⇒好中球減少時など初期治療の失敗許されない場合,AMPHかMCFZ・CPFG・アスペルギルス⇒アム ...

no image

感染 薬剤

セフェム系(セファロスポリン)の使い方

2013/5/20  

★全てのセフェム系は腸球菌に無効! ①第一世代   セファゾリン(セファメジンα®,CEZ):静注 セファレキシン(ケフレックス®):経口特徴・組織移行性めっちゃいい=狙った所に行 ...

no image

感染 薬剤

ペニシリンの使い分け

2013/5/19  

①ベンジルペニシリン  ペニシリンG(ペニシリンG®,PCG):点滴特徴感受性があればめっちゃ強い用法・100~400万単位を4時間おき(6回/day):100万単位=0.6g・長時間おいておくとバッ ...

no image

感染

耐性菌はなぜできるか

2013/4/2  

★全ては細菌の遺伝子変異による. ■細菌内の耐性獲得機序 ①酵素の阻害 ⇒黄色ブドウ球菌のβラクタマーゼなど ②細菌の膜透過性の変化 ⇒抗菌薬はチャネルを介したり電解質輸送を利用したりする ⇒これらが ...

no image

感染 救急・外傷

どんな小さな傷でも破傷風トキソイド投与するか

2013/3/19  

★ワクチン接種後5年以降は,どんな傷でもトキソイド接種すべき. ■受傷時の破傷風予防 状況 創傷 きれいな傷 汚い傷 過去のトキソイド接種回数 0~2 3以上 0~2 3以上 最終接種後の経過年数 不 ...