感染

no image

感染

SPACEについて詳しく

2014/12/22  

★院内感染症のよくある起因菌で、ユナシンやゾシンは効かないことも多い。■SPACEとは●医療関連感染を起こす、代表的なグラム陰性桿菌。⇒Serratia(セラチア), Pseudomonas(緑膿菌) ...

no image

感染

感染性心内膜炎;Duke criteriaや経食道心エコーはどれくらい信頼できるか

2014/10/18  

★Dukeは感度が高い。■Duke criteriaについての研究①405例の内69例が病理的にIE・Dukeでdefiniteだったものが80%・IEの内、Dukeでrejectedだったものはない ...

no image

感染 薬剤

腸球菌に効く薬剤はなぜ少ないか

2014/9/12  

★Enterococcus faeciumの話。■ベータラクタム系・内在性耐性…ペニシリンに耐性のある細胞壁合成酵素=PBP(ペニシリン結合蛋白)のペニシリンに対する親和性↓・ほとんど効かない■アミノ ...

no image

感染 薬剤

AIDS患者の日和見感染症と予防

2014/8/15  

★エビデンスのある予防のみ推奨される。■CD4+細胞数と感染症 CD4 感染症 <400 足白癬、VZV・結核菌再活性化、細菌感染(H.influ, S.pneumo, Salmonellaなど ...

no image

呼吸器 感染

かぜ⇒副鼻腔炎

2014/7/18  

★鼻かみが重要。■副鼻腔炎・ほとんどウイルス性;細菌性は0.5〜2%程度・細菌性のほとんどは、ウイルス性に合併して生じる※但し、ウイルス性か細菌性かを鑑別することは、実際難しい⇒急性上気道炎に合併する ...

no image

感染

胆石⇒胆嚢炎、胆管炎 ★どこから細菌が侵入するか

2014/6/20  

★細菌感染といえば胆管炎で、門脈系から侵入する。 ■胆嚢炎●動物実験において、胆管閉鎖だけでは炎症生じない  =炎症誘発する物質が必要⇒実験では、カテーテールにより胆嚢粘膜障害することで炎症 ...

no image

感染 消化器・肝胆膵

CD腸炎と偽膜性腸炎は違うか;CD感染症の診断

2014/5/29  

★偽膜性腸炎は内視鏡診断。 ■Clostridium difficile(CD)感染症・CDは芽胞をもつ嫌気性菌で、経口感染する⇒発熱のみ~偽膜性腸炎まで、様々な病態を示す・抗菌薬関連下痢症(Anti ...

no image

感染

脾摘⇒肺炎球菌ワクチン

2014/5/10  

★被膜のある細菌に感染しやすくなる。 ■脾臓の機能・類洞にいる白血球:循環している細菌を貪食・巨大なリンパ組織:抗体産生するBリンパ球の半数がいる            オプソニン化も行う ●細菌は脾 ...

no image

感染 放射線・検査

培地の違い ★菌の同定法

2014/5/3  

★基本は血液培地。 ①血液培地●大抵の病原菌が発育できる …Hemophilus influenzaeは発育しない●溶血を評価できる ・α溶血(一部溶血):Streptococcus pneumoni ...

no image

感染 放射線・検査

ツベルクリン検査の解釈

2014/3/15  

★基本的に陽性の場合胸部Xp. ■機序ツベルクリン:ヒト結核菌から分離精製した数種類の蛋白質●陽性 ・結核菌への暴露歴あり:Tリンパ球による遅発性過敏反応をみているため ●陰性①活動性結核の ...