麻酔・外科・胸部外科

no image

麻酔・外科・胸部外科

末期心不全患者への緩和ケア法

2019/10/14  

★可能な限りの心不全内服加療、オピオイドが効果的。 ◎症状が複雑。病態理解も必要。 ①心不全薬物療法●心不全治療の目的が延命でなく緩和ケアであったとしても、心不全治療の最適化は必須・利尿薬、塩分/水分 ...

no image

麻酔・外科・胸部外科

ヘパリンはなぜPTでモニターしないのか?ACTの使い方、原理も.

2019/9/12  

★ACT(activated clotting time)は心臓手術時、体外循環時、バルーンパンピング時等に使われる. ◎APTT、PT、ACTの違いを理解しておきましょう。 ■ヘパリンのモニター●ヘ ...

no image

消化器・肝胆膵 麻酔・外科・胸部外科

鼠径ヘルニアの名前の由来と病態、手術の意義と合併症

2019/2/28  

★それぞれ理由がある. ◎内鼠径か外鼠径か、由来は発生・解剖学によります。 ■名前の由来○鼠径管... 精索・精巣動静脈が通る管で,「腹腔内→内鼠径輪→外鼠径輪→睾丸」と交通します ○鼠径ヘルニア.. ...

no image

麻酔・外科・胸部外科

心保護液でなぜ心停止になるか;心保護液の蘇生と意義

2019/2/18  

★高Kによる. ◎単純です。心保護液の蘇生を知っておきましょう。 ■心保護液の組成と1.グルコース ⇒エネルギー補給のため。 2.ジュータミン(重炭酸Na) ⇒緩衝液です。 3.マンニトール ⇒膜安定 ...

no image

消化器・肝胆膵 麻酔・外科・胸部外科

小腸ガスがイレウスを示唆する理由

2019/2/11  

★小腸は通常ガスないため. ◎小腸ガスでイレウスを疑いますが、医学的介入の判断は必ずしもstraight forwardではありません。 ■小腸ガスとは・腹部Xpを臥位で見ます・小腸の部分にひだが見え ...

no image

消化器・肝胆膵 麻酔・外科・胸部外科

なぜ女性でも鼠径ヘルニアが起きるか.

2018/12/10  

★精巣下降と鼠径管形成は別の事なので,女性でも鼠径ヘルニアは起こる. ◎解剖の話です。 ■発生の流れ・精巣導帯を先頭に精巣が下降⇒精巣導帯の経路に従い鞘状突起が発生,鼠径管を形成⇒鼠径管内を通り,精巣 ...

no image

麻酔・外科・胸部外科

三尖弁逆流に対する手術適応

2017/5/15  

★はっきりと決まってはいないが、手術のタイミングは遅れる傾向にある。◎三尖弁閉鎖不全症(TR)の手術適応は、特に他の弁膜症が無い場合、決定が難しいです。 ■手術適応●TR+僧帽弁 or 大動脈弁疾患・ ...

no image

麻酔・外科・胸部外科

PCI、CABGの適応

2015/8/10  

★血行再建の目的は、予後改善と症状改善の2目的あり、適応が異なる。 ■生命予後改善を目的とする血行再建の適応●LMT病変(50%以上の狭窄) Class 1 CABG Class 2a PCI:SIH ...

no image

麻酔・外科・胸部外科

術前の心臓リスクへの対応

2015/6/17  

★非心臓手術を控えていて、心疾患がある場合。 ■冠動脈狭窄+心筋虚血●一般的に、術前の冠動脈治療により予後は変わらない ⇒但し、重要な冠動脈病変がある場合、個々に対応する  …LMT病変、低心機能の多 ...

no image

麻酔・外科・胸部外科

術前の心臓リスク評価の方法

2015/6/15  

★非心臓手術の術前評価の話。 ■アルゴリズム ①緊急手術が必要なら、施行する⇒②超ハイリスク患者は、落ち着くまで心臓の治療を優先  …最近のMI/UAP/AHF、重要な弁膜症(特にAS)  ⇒参照;術 ...