薬剤

no image

薬剤

アドレナリン受容体,作動薬の分類

2013/4/21  

★アドレナリン受容体 ①α1・効果器(筋肉など)のシナプス後膜上に存在⇒活性化(⇒ホスホリパーゼCのGq蛋白活性化)(⇒ジアセルグリセロール,イノシトール三リン酸(IP3)産生)⇒細胞質Ca↑⇒平滑筋収縮:血管(皮膚,粘膜,内臓),瞳孔,膀胱内括約筋 ②α2・シナプス前神経終末,膵臓β細胞に存在⇒交 ...

no image

薬剤

抗血小板作用のあるNSAIDsはアスピリンだけ? ★NSAIDsの作用機序

2013/4/19  

★アスピリンのみ,COXを非可逆的に阻害する!○COXの下流にTXA2,PGI2がある.  ・TXA2:血小板より産生 ⇒血小板凝集を増強 ⇒アスピリンはCOX-1を非可逆的に抑制⇒TXA2を不可逆的に失活 ⇒血小板は核が無いため,新しい酵素作れない ⇒血小板の寿命(3~7日)の間,TXA ...

no image

呼吸器 薬剤

喘息の人に,痛み止めどう使うの?

2013/4/18  

★NSAIDsは慎重投与! ●喘息の約10%にアスピリン喘息が含まれている⇒アスピリン喘息は,COX1を阻害する薬なら何でも喘息起きる⇒喘息の人にNSAIDsは慎重投与. ●アセトアミノフェンも弱いCOX1阻害作用有り!⇒アスピリン服用しなくてはならない患者⇒アスピリン減感作を行う(但し高用量でなく ...

no image

薬剤

肝性脳症にアミノ酸製剤が効く理由、BRTOが効く理由

2013/4/12  

★アンモニア・芳香アミノ酸の上昇を抑える! ①アミノ酸製剤(アミノレバンなど)・エネルギーの原料⇒肝は芳香アミノ酸  筋は分枝鎖アミノ酸 ・肝硬変⇒類洞が線維化⇒アミノ酸が肝細胞内に取り込まれる機会↓  肝でのアミノ酸を原料にしたエネルギー産生↓⇒代わりに筋ががんばる⇒分枝鎖↓,芳香↑ ・蛋白摂取⇒ ...

no image

薬剤

抗癌剤いろいろ作用機序

2013/4/10  

★各段階に分けて押さえる.※S期(ヌクレオチド合成⇒DNA合成)⇒G2期(有糸分裂に必要なものを合成)⇒M期⇒G1期(DNA合成に必要なものを合成) ①ヌクレオチド合成に作用(=S 期に作用)●MTX・葉酸アナログ⇒「ジヒドロ葉酸→テトラヒドロ葉酸」を阻害(ジヒドロ葉酸レダクターゼ阻害)⇒テトラヒド ...