内分泌・糖尿病

no image

内分泌・糖尿病

なぜ甲状腺機能低下で徐脈、高コレステロールとなるか

2016/6/27  

★カテコラミン受容体の発現が低下するため。 ■徐脈の機序●free T3, T4は蛋白と結合し細胞膜を通過⇒ thyroid receptorは核にある(T4にはなく、拡散して核内へ移行する)⇒T4は ...

no image

内分泌・糖尿病

インスリン製剤、特徴まとめ

2016/5/16  

★実際よく使うものだけ。 ■持効型;ほぼ24時間●種類ランタス(インスリングラルギン):ほぼ1日で安定トレシーバ(インスリンデグルデク)):効果が安定するまで長くかかる(2-3日)レベミル(インスリン ...

no image

内分泌・糖尿病

なぜケトアシドーシスとなるか;高血糖への生理的反応、異常

2016/5/2  

★アセチルCoAが余るため。 ■高血糖への生理的反応・グルコース(Glu)が血中へ取り込まれる⇒Gluが膵臓β細胞へ取り込まれる⇒様々な経路を介して、インスリンが分泌される⇒血糖低下●インスリンの役割 ...

no image

内分泌・糖尿病

血糖降下薬:αグルコシダーゼ阻害薬まとめ

2015/9/18  

★心血管イベントをかなり抑制する可能性あるが、なかなかコンプライアンスが良くない。 ■機序・アルファグルコシダーゼ(αGI) …炭水化物の二糖を単糖へ分解する、小腸の消化管酵素  マルターゼ、スクラー ...

no image

内分泌・糖尿病

糖尿病の合併症は、なぜ特に眼、腎臓、神経に多いか

2015/9/14  

★ソルビトールデヒドロゲナーゼが欠如していることが一つの原因。 ■グルコースの代謝→臓器障害・糖質が細胞内に入る⇒すぐにリン酸化され、細胞質内にトラップされる ※インスリンに依存しないグルコース取り込 ...

no image

内分泌・糖尿病

血糖降下薬:DPP4阻害薬まとめ

2015/9/9  

★血糖降下作用も副作用もマイルド、長期的な効果はまだ不明なので、基本的に単剤では用いず多剤に併用するもの。 ■種類と売りリナグリプチン(トラゼンタ);代謝を何も考えなくて良いテネリグリプチン(テネリア ...

no image

内分泌・糖尿病

血糖降下薬:ビグアナイド系のまとめ

2015/8/21  

★メトホルミンは、基本的に2型糖尿病患者の第一選択。 ●種類・メトホルミン …商品名:メトグルコ、メルビン、メデット、グリコラン・ブホルミン …商品名:ジベトス、ジベトンS※ブホルミンはほとんど使われ ...

no image

内分泌・糖尿病

女性化乳房の原因、病態

2015/6/10  

★エストロゲン/アンドロゲン比上昇で、乳腺組織に直接作用する。 ■病態生理●エストロゲン ・乳腺に直接作用⇒乳腺管の肥大/ 伸展/ 分枝の促進 管周囲の繊維芽細胞増殖、血管増成●アンドロゲン ...

no image

内分泌・糖尿病

発作性高血圧の原因と治療;褐色細胞腫だけか?

2015/6/1  

★褐色細胞腫を否定すれば、交感神経抑制と精神科的管理が効果的。 ■鑑別診断・褐色細胞腫 …必ず1回はスクリーニングすべき;血中カテコラミンか蓄尿カテコラミン・動揺性高血圧症 …ストレスを原因とするもの ...

no image

内分泌・糖尿病 整形外科・皮膚・形成

骨粗鬆症の診断と検査

2015/5/20  

★骨密度の低下で診断する。 ■診断基準①日本続発性を除外した上で、・脆弱性骨折なし→骨密度がYAMの70%未満・脆弱性骨折あり→骨密度がYAMの80%未満※脆弱性骨折:軽微な外力による骨折 YAM:若 ...